HariPapa's Room
Since 2006.4
(C)2006 HariPapa All Rights Reserved

青酎2009年11月14日 22時20分55秒

青酎
久しぶりの焼酎ネタ。
先日購入したのがこれ。青酎といいます。東京都の青ヶ島というところで作られているので青酎・・・単純なネーミングです(^_^;)

で、生産量が少ないので一時期は幻の焼酎といわれていたそうです。今は流通経路が確立してそれほど入手しにくくはなくなったようですが。

先日テレビで、これを放送していてミーハーなはりパパは一度飲んでみたいなあと思っていました。
お安いものでもない(といってもそんなに高くもありませんが)のでちょっとためらっていたのですが、先日ついポチッと・・・

そのお味は、というと、一言で言うと濃い。アルコール度数が高いこともありますが、非常にくせがあって、芋の味がワイルドにってかんじでしょうか。おつまみに何を食べても負けない味というと感じがわかってもらえますかねえ。

はりパパ的にはちょっとやみつきになりそうなお味でした(*^_^*)

芋焼酎 不阿羅王2008年05月01日 22時10分44秒

不阿羅王
久しぶりの焼酎ネタです。
不阿羅王と書いてファラオ。結構評判はよいらしい焼酎です(*^_^*)

はりパパは飲むのがはじめてでしたが、どちらかというと癖が無く飲みやすい感じでした。ライトな感じといったらわかりやすいでしょうか?
飲みやすくて芋の香りを楽しみたい焼酎が欲しいときにはおすすめです。
はりパパは、ロックで一気に飲んでしまいましたが、ひょっとしたらお湯割が合うかもしれません(しれません、というのは気がついたら空っぽになってしまっていました(^_^;))

でも、このからになっているのに気がつかなかった原因は、決してはりパパが飲んべえな訳ではなく?先日焼酎サーバーなる物を購入し、気分よく飲んでいるのですが、一升瓶のように残量が見えないことが原因となっています??
本当ですよ。

芋焼酎 黒伊佐錦2008年03月21日 22時42分53秒

黒伊佐錦
久しぶりに芋焼酎ネタです(*^_^*)

今回は大口酒造さんの、黒伊佐錦です。
これは、黒麹で仕込んでありお値段も手頃。吉兆宝山をネットで注文するときについでに頼んだ焼酎でした。

で飲んでみると、これが案外いける。

ちょっとアルコールの辛さがありますが、すぐに消えて爽やかな香りが広がります。

はりパパ的にはロックで飲むのがよい感じで、これはまた頼んでみたくなりました。

まあ、芋臭さが欲しいときにはむかないと思いますが、普段飲むにはとってもいい感じです。
というわけで、実はあっという間に一升瓶を開けてしまいもう我が家には残っていないのでありました(^_^;)

*今回は、はじめてさゆちゃんが芋焼酎カテゴリーに登場です(^^)/

3/23 本日写真をよく見て大間違いに気がつきました。
さゆちゃんが持っているのは黒伊佐錦ではなく利右衛門 黒でした・・・
あらあら大間違い・・・
こっちの感想はまたということで。

芋焼酎 富乃宝山2007年12月18日 22時36分40秒

富乃宝山
今回ははりパパがブログに書くまでもないだろう、という定番中の定番の芋焼酎、富乃宝山です。
日経なんとかという雑誌で1位になったりしていますので、まあおいしいことは間違いないでしょう(^_^;)

はりパパも結構飲み屋さんでは飲んでいたので味は分かっているつもりでした。

ただ、値段が高い!!
定価2千円ちょっとのくせに、ネットで見ると4千円近くしたり、それ以上することもしばしば・・・
そんなこんなで自宅用には買っていませんでした。

でも、今回よくあるセット販売で結構お安くでているところを発見。
基本的にはセット販売は好きではないのですが、どちらも飲んでみたい焼酎でしたので、ついポチッと購入しちゃいました。

で、お味はというと、どうやらはりパパは自宅で飲むのが性に合っているらしく、飲み屋で飲んでいたのとはちょっと違った印象!

すんごくおいしい(*^_^*)

芋の味もありますが、ちょっと爽やかな果実系の味がとても心地よい焼酎です。
芋の味ががっつりとした焼酎も好きですが、こういうちょっとすっきりした焼酎もかなりいい感じです。
爽やか系では間違いなく今まで飲んだ中で1番!!

お湯割りで飲んでも良いのですが、この爽やかさはやはりロックでしょう(*^_^*)
本日一升瓶を開けましたが、このペースではクリスマスまではもちそうもありません・・・

芋焼酎 凜2007年11月26日 21時58分39秒

凜、春バージョン
軸屋酒造の四代目杜氏軸屋麻衣子の仕込んだ、限定芋焼酎の凜です。
と、いかにも知っているように書いておりますが、「美味しんぼ」で漫画になっていたのを見ただけというのは秘密にしておきましょう。

これはその春仕込みバージョンです。
ちょっと前に入手していたのですが、限定の一言に弱いはりパパはもったいなくて開けていませんでした(^_^;)

麹に黒麹を使用とか、芋には黄金千貫を使用というのは(芋の違いはちょっと分かる気がしますが)それほど区別できない、味オンチのはりパパですが、後味のまろやかさはなかなかグッドです(*^_^*)

口に含んだ風味も、他とはちょっと違うさわやかな感じでなかなかよろしいのではないでしょうか。

これは、多分万人受けする味かな、というのが味オンチのはりパパの感想でした。

なかなかおすすめですよ。