HariPapa's Room
Since 2006.4
(C)2006 HariPapa All Rights Reserved

PIXUS Pro9000 購入2008年02月19日 22時21分37秒

プリンターを破壊してしまったことは昨日のブログに書きました。

で、本日の仕事帰り、先日オープンしたばかりの某電気屋に寄ったところ、ちょうどPIXUS Pro9000が安売り中(^^)/51,000円也

ネットの最安値では48,000円位でありますが、地方に住むはりパパにとってはまあまあの値段です。3年の延長保証もあるのでこの値段ならばネットで買うよりも安心感があります。

というわけで、ついつい衝動買いしてしまいました(^_^;)

顔料機のPIXUS Pro9500とどちらにしようか迷っていたこともあったのですが

1.値段がPro9500は高い
2.サンプルを見たら染料機のPro9000の方が好み
3.年賀状印刷などは染料機の方がらくちん

そしてこれが結構重要だったのですが、Pro9500は印刷が遅すぎ・・・

L版で3分以上かかるのはさすがにせっかちなはりパパには問題ありでした。(ちなみにPro9000の方は30秒くらいです)

しかし、家に持ち帰って大問題が発生。

あまりにもでかい(-_-)

PCデスクには当然のるはずもなく、プリンターをおくために部屋の模様替えが必要なようです(T_T)

電源を入れるのはもう少し先になりそうです・・・

SP AF17-50mm F/2.8 XR DiII購入2007年09月24日 21時21分41秒

先日久しぶりにレンズを購入しました。
はりパパCANONのカメラをずっと使っており、現在のレンズも何となく純正のEFレンズばかり使っています(一度TAMRONの高倍率ズームとシグマの400mmF5.6を使ったことがありましたが、あまりよい印象がなかったこともあります)。

で、カメラがデジタル一眼になってから、さすがに1D系のカメラには手が届かないので現在はEOS20Dを使っております。
このAPSボディは望遠系のレンズを使うには便利この上ない(1.6倍になる)のですが、子供達を室内で撮るには、広角系をあまり使わなかったはりパパにはどうしても引けずに困った状態になっていました。

というわけで、思い切ってレンズを購入(^^)/
EF17-40F4Lあたりかなあ、と思っていたのですがちょっと暗いのが気になるし、かといってEFsレンズはこの先どうなるか分からないし・・・

で、白羽の矢が立ったのがこのレンズ、TAMRONのSP AF17-50mm F/2.8 XR DiIIです。

APS専用ですがなんと言っても値段が安い!
F2.8通しのレンズでこの値段は破格です。
評判も悪くないようだし、とりあえず買うにはいいかな、ということでキタムラで購入。35,000円也

使ってみた印象ですが、写りに関してははりパパ的には文句なし(^^)/
子供を撮るには充分すぎます。

ただ、純正とズームの方向が逆なことと、ピントリングがぐるぐる回るのはちょっと困ります。特にピントリングはちょうどホールドする場所なので何とかして欲しいです(T_T)

でも大満足の買い物でした(^^)/

撮影スタイルの変化に思う2006年11月21日 22時58分13秒

はりパパの趣味の一つに写真があります。最近は,ほぼさゆちゃん専属カメラマンとなっておりますが,野鳥をはじめ野生動物の写真を撮ることに生き甲斐を感じております。そんなわけで,望遠系がメインで広角系は苦手です(というか広角レンズはオークションで売ってしまいました(^^;))

はりパパが一眼レフに初めて触れたのが,はりパパ父の使っていたCanon AE1-Pってやつが最初でした。その頃は,お,一眼レフってかっこいい!位の感じで何かを撮るわけでもなくさわって喜んでいました。
次が,高校時代。PENTAXのMXを使って天体撮影に熱中しました。トライXなんかを使って,白黒フィルムの現像を覚えたのもこの頃。
大学時代は登山に熱中していたので,写真はそれほど撮ることもなく就職。
で,CanonのT90とFD500mm F4.5Lを使って,野鳥を本格的?に撮り始めました。
その後EOS5とEF500mmF4.5Lにシステム変更。EOS5の電池の消耗の激しさに驚いてEOS-1nDPを購入。
で,この頃まではリバーサルフィルムのプロビアをメインに使っていたわけですが,最近写真を整理していてふと思ったのが,この後デジカメがメインに移行してから,ずいぶん撮影スタイルが変わったなあ,とあらためて感じています。
リバーサルを使っていた頃は,36枚が一つの区切りでしたので,連写といってもまあたかがしれていました(現像代もバカになりませんので・・・)
EOS20Dを買って,今は1Gのコンパクトフラッシュをメインに使っていますが,買ったばかりの頃はリバーサルの感覚で

おお~100枚ちょっと撮れるんだ,すげ~

なんて思っていたのが,最近は1回撮影に行くと,1Gでは足りずに予備の1GのCFもいっぱいにして帰ってきます。
下手な鉄砲,なんとかってな作戦で,バシャバシャ連写する感覚がしっかりと身に付いている自分にあらためて気がついて,もう少し大事に撮らないとなあ,と反省する今日この頃なのでありました。

Manfrotto 468MG RC32006年09月30日 22時51分43秒

今年も冬鳥の季節になり、まあ、どうせほとんどフィールドには出られそうもないのですが、物欲の虫の方がむくむくと・・・
いま、EF500mmF4.5Lをスリックのプロフェッショナルの足に、これまたスリックのプロフェッショナルデザイン2用の雲台を使っております。
雲台の方は、シンプルな構造と長いパン棒が良さそうだったので、ヤフオクでゲットし2年ほど使っていました。が、いかんせん、長玉で微妙な構図をとるにはちょっと微妙な動きをさせずらく、まして飛びものに関してはかなり使いにくく以前からビデオ雲台なんかいいな~なんて思っていました。
で、Manfrottoの516あたりを考えてみたのですが、どうも諭吉さんが8人は必要の様子・・・
さすがに雲台にこの人数は・・・
じゃあ自由雲台あたりか?なんてかんがえて、ALCA-SWISS Monoball B1あたりも考えたのですが、なんとこっちは諭吉さんが10人いても足りないことが判明・・・
半分あきらめモードだったのですが、ネットを物色し発見したのがこの自由雲台。積載可能重量は16Kgと十分で、ネットの評判も鳥屋さんにはなかなかの評判の様子。現在はりパパが使っているクイックシューのプレートManfrotto#357もそのまま使えるらしい。お~理想的!!
しかも、諭吉さんも5人弱とこれなら何とかへそくりで・・・
う~~~~ん欲しい・・・

データが壊れた・・・2006年06月03日 08時10分09秒

はりパパの趣味の一つに写真があります。ブログに撮影機材を乗せていますが,おもに野鳥を初めとする野生動物の写真を撮っています(最近はさゆちゃんの写真ばっかりですが(^_^;))。
このブログにも写真をたまに載せますが,デジタル一眼で撮った物だとファイルサイズが大きく,ものぐさなはりパパはいちいちリサイズするのも面倒なので,ブログ用にはおもにコンパクトカメラの写真を使っています。
で,先日撮影した物を見ようとしてみたところ,写真ではなく大きなクエスチョンマークがあらわれるではありませんか。で,よく見ると,このカメラには対応していないjpg画像ですの文字が・・・このカメラで撮影した画像なので,そんなはずはないのですが・・・
どうやらCFに保存されていたファイルが何らかの影響で壊れたみたいです。まあ,壊れたのが1枚だけでしたのでほとんど実害はありませんが,原因が分からないと何か気味が悪いですね。やっぱりフラッシュメモリーもそんなに信用できないと言うことなのかなあ。
写真を撮っていて一番の悩みは,どうやってファイルを保存するかですよねえ。何か,確実な保存方法があればいいのですがね。